つかの間の贅沢なひととき〜ぶらり新宿

伊勢丹でのクラウス・ハーパニエミ展示
伊勢丹でのクラウス・ハーパニエミ展示

午前中から新宿へ。天気が良くて、光がまぶしすぎる感じ。「平和な青空がずっと続けばいいのにね・・・」と思ってしまうのは、震災トラウマのせいなのかな。

今度大きな地震が起きたら、福島の4号機はアウトになるだろうから、そしたら・・・かなりヤバイ状況になるよね。そんな事態になったら、どんな選択肢をセレクトするのかなぁ。人生、想像力を働かせてダウトしていくことが必要だけど、こればっかりはダウトしてもスパッと結論は出せないね。

さて、原発のことはおしまい。オレが向かった場所は東急ハンズ新宿店。「つながり関伝地」関係で紹介する防災グッズを確認するため。いやはや店内はすっかりクリスマスムード。だけど、ハンズも高島屋も地味目な印象。毎年チェックしているわけじゃないけど、気のせいかな?

久しぶりのハンズだったので、結局、全フロアほとんどを歩き倒した。いろいろ見て歩くと、なんとなく世の中の傾向が見えてくるよね。見えてくるって、面白い部分もあるけど、つまらなくなってくる部分も出てくる。「なぁ〜んだ・・・これだったのね」みたいな。

きっと気分的に高揚してしまったせいか、そのまま新宿伊勢丹へ。ショーウィンドウがイイ感じ。「あれ? もしかして知ってる作家さんなのかな?」と思ったけど、フィンランド生まれのアーティスト、クラウス・ハーパニエミという作家さんの作品だった。

「タンタンの世界展&グッズコレクション」
「タンタンの世界展&グッズコレクション」

ついつい催事場まで足を伸ばして「タンタンの世界展&グッズコレクション」をグルリ。その後にも「永山裕子 水彩画展」「Happy Holiday Market」「和食器プロモーション」などをブラリ。当然のことだけど、各フロアのディスプレイもお金と手間がかけられてるのが多いので、ついつい見入ってしまった。

ところでタンタンって、そんなに人気あったんだっけ? かなり会場は賑わっていた。日曜日の催事場なんて、そんなもんなのかな?

そうそう、オシャレでデザインチックな陶器が展示されていたんだけど、おばちゃんが展示ヨコを通りながら「可愛いけど、こんなのは使えないわ!」を吐き捨てるように独り言?を言いながら通り過ぎていったのには笑えた。

大久保で買いたい物があったので、さらにフラフラと花園神社新宿眼科画廊〜大久保。どうでもいいけど、なんで大久保にあんなに人が歩いているの? やはり世の中は韓流ブームのようだねぇ。路地裏のとんでもない混み具合にピリピリ。

なんだかんだで帰宅の頃は真っ暗な時間に。こんな贅沢な時間の使い方をしていいの? と思いつつ、まぁ、たまにはそれもアリじゃんね。。。