2012年

12月

04日

持続させていくるためには、夢がないとね

12月2日に第10回目となる「街まちマーチ」が行われた。

もともと自分が講師を務めた講座(ジョイフル杉並・教養講座)から生まれた企画イベントなので、オレは世話人的にずっと関わっている。

年に2回のペースで行ってきているので、スタートは5年ほど前に遡る。基本的には「自分たちが発掘した杉並を参加者に紹介する」街歩きイベントで、一日かけて参加者と食事や音楽なども楽しみ、地域の仲間づくりを目指している。

今回は10回目ということで、さまざまな意見は出されたが、最終的には参加者と街を探索する内容で開催。参加者が気になった街の景色を撮影してもらい、お気に入りの写真を選んで発表してもらい、さらに街の魅力について話し合ってもらった。

さまざまな視点を知るきっかけになったし、ワークショップでは有意義な意見も数多く出された(写真は参加者がお気に入りの写真を発表している様子)。

今回の意見を参考にしながら、次回の第11回以降に向けて舵取りをしていかないといけないかな。現段階の個人的意見としては、どうせやるなら第20回の姿を意識した形で積み上げていかないとダメだな・・・という感じ。

第20回の姿を意識するってことは、夢を持つこと。

 

持続させていくるためには、夢がないとね。

仲良しの友だちづくりなんてのは夢じゃない。地域の何かを発掘していくことも夢じゃない。ただの個人的な願望にすぎない。

夢をしっかり持って、その理想の姿に近づいていくように積み上げていかないと、ただの馴れ合いで終わってしまう。でも、一人で張り切っても仕方ない。メンバーが夢を共有できないままで続けるのは悲劇でもあるし、喜劇でもあるんだよね。

もっとも来年以降は『ハート・トゥ・アート』中心にエネルギーを注ぎたいので、想いだけでは全然進まない話なんだけどね。

さて、どうしたものか。

<応援よろしくお願いいたします>
『ハート・トゥ・アート』ホームページ http://www.heart-to-art.net/
facebookページ https://www.facebook.com/HEARTtoART
ツイッター https://twitter.com/heart__to__art