ロマンスがないとはじまらない・・・のか(苦笑)

11月30日の午前中はセシオン杉並で行われた「高円寺の課題とこれからを地域全体で考えよう」(正式名称は別にあったかもしれない。違っていたらゴメンナサイ)というカフェトークに参加。

これは東京都の「新しい公共の場づくりのためのモデル事業」に採択された『地域みらいづくりネットワーク構築事業』が主催して開催された企画。かみ砕くと、高円寺周辺の地域資源を掘り起こして有効活用していくことを目標としている協議体による企画。あ、全然かみ砕けてない?

『ハート〜』も同じ東京都の助成で『大人と子どもで創る地域コミュニティ推進協議会』の事業に参加しているので、その絡みで参加したというわけ。

スタイルはワールドカフェ形式。

そもそもワールドカフェっていうのは、1995年に開発?された手法。合理的な対話テクニックで、参加者は短時間に物事を考え、共有することができる。まぁ、ブレーンストーミングとKJ法を合体させたような方法をコミュニケーションツールとして活用しただけの話なんだけどね。

それにしてもワールドカフェは流行っているよね。あっちでも、こっちでも。最近はラウンドテーブルなんてのも人気だよなぁ。この風潮に対して言いたいことはあるんだけど、それはやめとこう。

会場では星野さん、大須賀さん、内藤さんといった懐かしい方々と久しぶりに顔を合わせた。みなさん、元気そうで良かった。こういう再会があっただけで、オレ的には参加した意義があった。

違う人からは「こんな場所に来てる時間ないでしょ!」なんて、冗談っぽいお叱りを受けたりしたけど(苦笑)。

午後は「はじっこまつり」の打ち合わせ。1回家に戻ってから、また和田方面へトンボ返り。なにげに往復に時間がかかるから、ハードかも。

その後も阿佐ヶ谷に行ったり、荻窪やら西荻窪へと自転車漕ぎ漕ぎ。動き回っていると何も仕事は進まないのに、やることだけが増えていくんだよねぇ。

だいたい営業と制作の両立なんてありえないんだよね。オレはキャラ的には営業タイプだけど、本質的には制作の欲求が強いから、この辺にジレンマが出てくる。本業で営業なんてほとんどしたことないし。

愚痴っていても仕方ないので、なんとか時間の密度を濃くしていかないと。そうしないと作業が雪だるま式で膨らむばかり。前の日記でも書いたけど、質より量でサクサク潰していかないとね。

ピカソ並に精力的に頑張れればいいんだけどなぁ。

ちなみにピカソのその驚異的な仕事ぶりを分析した人がいる。アリゾナ大学のギリスクヴィシウス博士という人。ピカソの仕事ぶりを「ロマンス欲求効果」という概念で説明している。

博士が提唱しているの「ロマンス欲求効果」の詳細は不明。ま、要するに性エネルギーと創造エネルギーの相乗効果についての概念なんだろうね。性エネルギーを高めることで潜在的活力をアップさせ、その活力を創造につなげていくって感じ? 

それにロマンスってのは相手を愛することをきっかけにした、自分を愛する行為ともいえるね。自分を肯定し、愛し、高めようとするというパワーもすごく大切。

そういえばナポレオンみたいに性エネルギーを昇華させて転化していく人もいるね。

どっちにしろ性エネルギー(ロマンス)がないとはじまらないわけね。以上(苦笑)


<応援よろしくお願いいたします>
『ハート・トゥ・アート』ホームページ http://www.heart-to-art.net/
facebookページ https://www.facebook.com/HEARTtoART
ツイッター https://twitter.com/heart__to__art