2011年

12月

26日

やっと年賀状作業スタート

「年賀状博物館」http://www.nengahaku.jp/history.html
「年賀状博物館」http://www.nengahaku.jp/history.html

昨日、年賀状を印刷しようとしたのだが、プリンターの調子が悪くて断念。本日、新しいインクを入手して、なんとか印刷中。


ギリギリで年内には出せそうだな。
年明けに出したときもあったから、

それよりはマシか。


でも、宛先を書くのが時間かかるんだよなぁ。
気を抜くと年明けになっちゃいそうだなww

ところで「お年玉くじ年賀はがき」というのは、一般の人のアイデアから
誕生したというのは、ちょっと有名な話。
林正治さんという方の提案に郵政省が乗っかったことが続いている。
これが1949年のこと。

そんな雑学はどうでもいいけど、なんで一般の会社が
大真面目に年賀はがきを作らないのか前から不思議なんだよねぇ。

 

 

 

崎陽軒の「シウマイ年賀状」http://www.kiyoken.com/campaign/11_12shinen/n_index.html
崎陽軒の「シウマイ年賀状」http://www.kiyoken.com/campaign/11_12shinen/n_index.html

もちろん全然やってないわけではない。
崎陽軒の「シウマイ年賀状」は知る人ぞ知る
オモシロ年賀状。1枚の値段は、550円(税込・切手代別)。

もらった人は「昔ながらのシウマイ」15個入1箱と引き換えできる。
送った人にもプレゼントが当たる。
だけど、「シウマイ年賀状」の引き換え店舗が首都圏
エリアに限定されちゃってるところがネック。

だったら全国に店舗があるコンビニとか
ファーストフードだったらノ〜問題でできるんじゃね?
ある程度の儲けは望めると思うんだけど・・・。
とくに今年は震災もあったから、復興寄付金付きで
売り出せば企業イメージもアップしたと思うんだけどなぁ。