義援金は1億5千万円を越えたみたい

最近は区役所に行くことが多い。
相談やらお願いやら、報告などで。
区役所のロビーには、
南相馬市支援の義援金箱が置かれ、
その日までの総額が掲示されている。
いつのまにか1億5千万円を越えたみたい。
★写真はロビーの掲示板。

実際、1億5千万円はどんな風に使われるのだろうか。

※杉並区の目標は2億円らしい。


使い方は南相馬市に一任しているのかな?
桜井市長さんは「将来に夢と希望が持てるよう役立ててまいりたい」と
おっしゃってるみたいだし、南相馬市に任せるのが
妥当なところなんだろうねぇ。

でも、個人的には、アバウトでもどんな風に使われたか
伝えて欲しい気がするんだけどなぁ。
べつに追求する気はないんだけどさ。
それなりの大きな金額だしね。

<参考>

東日本大震災による被災者への義援金を受け付けます(杉並区)
写真で見る東日本大震災(南相馬市)
南相馬市災害ボランティアセンターのブログ

ところで義援金箱が設置される期間って、
9月30日までなんだよね。
これって、終了するの早すぎないのかな?
もちろん延長することもあるだろうけど……。

震災後、義援金疲れしてる人の声もたくさん耳にしたし、
「どうして南相馬市限定の支援なんだっ!」なんていう
意見も出ていた。

いろんな意見があって当然だし、
どれが正しいとかはないと思う。

ただ、オレ的には、もうちょっと長期的に
支援について考えていってほしいと思うな。

せめて年度内、いや、できれば区長の在任期間において
どうするかを提示すればいいのに……と思うんだけど。
もう少しビジョンがあったもいいんじゃないのかな?

まぁ、オレは第2回の南相馬市支援チャリティーバザーを
実行委員としてお手伝いしたわけだし、
とりあえず区民から集められた善意のバザー物品を
少しでもお金に変えることを考えていくぐらいが
精一杯だよなぁ。

※本音としては疑問点とか、不満点とか
   メチャクチャ多いんだけど、
   あまり怒って書き散らしても仕方ないので、
   オトナな日記で終わらせておくことにした。